仮性包茎

MENU

あなたにピッタリなのは?秘密の包茎クリニックを検索


4つの質問に回答するだけで、あなたに最高のクリニックを(^^)v


あなたの年齢は?


包茎の種類は?





包茎治療に求めることは?



費用は?



↓↓↓ クリックして今すぐ検索 ↓↓↓



↑↑↑ クリックして今すぐ検索 ↑↑↑


日本人の7割は皮が剥けてない(-o-)本当は怖い仮性包茎とは?

日本人の3人に2人、約7割が包茎と言われています。その包茎のほとんどが「仮性包茎」と言われるものです。

 

一般に包茎とは、亀頭(ペニスの先の膨らんでいる部分)に皮が被っている状態をいいます。また、亀頭を覆っている皮のことを包皮と言います。

 

仮性包茎とは、通常は包皮が余り亀頭を被っていて皮が剥けていないけれど、勃起時には亀頭がある程度露出する状態のことです。仮性包茎も大きく2つにわかれ、[1]勃起しても亀頭が完璧には出ないタイプと[2]勃起時には完全に剥けるタイプがあります。

 

[1]では包皮の先のほう(包皮輪・包皮口)が狭い場合には、剥くのが困難です。無理に剥くと、皮が戻らなくなり血流が止まってしまいます。このタイプを「カントン包茎」といいます。

 

血流が止まらないが圧迫感を感じるケースは、「包皮輪狭さく」といいます。[2]の場合は、入浴時や性交の前に、皮の内側を清潔にしていれば医学的にはほとんど問題はありません。

 

医学的には、[1]のカントン包茎と、真性包茎(勃起時も亀頭が露出しないタイプ)のみが「包茎」と呼ばれ医療の対象となります。

 

しかし、日本では仮性包茎は恥ずかしいとされることも多く、「早漏」や「女性から嫌われる」「性病になる」などの印象もあります。また、なかなか相談しにくい事柄のため、1人で悩み、女性との正常な関係が持てないなど深刻なコンプレックスを抱えてしまうケースもあります。

 

つまり、仮性包茎での悩みは「見た目」と「コンプレックス」が中心だといえます。しかし、男女関係においては精神的な要素はとても大切です。強いコンプレックスをもっている場合は、早めにクリニックなどに相談し治療をすることが自信回復の第一歩となるといえます。

えっ!まだ一皮むけてないの?



 


私はコレで包茎やめました(^^)/


同じ悩みを抱えている同志の参考になれば幸いです。



↓↓↓ クリックして体験談を読む ↓↓↓



↑↑↑ クリックして体験談を読む ↑↑↑