仮性包茎 治す

MENU

包茎手術ではなく自分で治す「矯正」の方法を考えている人もあると思います。それでは、「矯正」にはどんな方法があるのでしょうか? 矯正には、器具を使う方法と、体操など自力で行うやり方の2つがあります。まず、包茎矯正器具ですが、リング、接着剤、下着など、さまざまなタイプがあります。これらは通販などで手軽に購入することができますが、効果は実証されていません。また、安全面への配慮が不十分な商品もあり、ペニス...

包茎の剥き癖をつける方法は、「矯正器具」を使うものと「体操」の2つがあります。そこで、その代表的なやり方をみたいと思います。はじめに、最もポピュラーな矯正器具である「黄色いリボン」の場合です。黄色いリボンは、包皮をペニスの根元に包皮を寄せるツマミがあるため、通常のリングタイプでは困難な微調整が可能で、排尿をスムーズにするためにU字型になっています。黄色いリボンの使用方法は手指を十分に清潔にします。...

仮性包茎の人が包皮を自分で剥くには十分な注意が必要です。大人の場合でも、無理に剥くとペニスの充血や壊疽なども起こしやすいと言われています。また手指を清潔に感染症などにも十分注意しておこないます。まずは、滑りをよくすることとペニスを傷つけないようにするために、潤滑油として、できればローションやワセリンを用意します。ない場合はハンドクリームやフェイスクリームを代用として使ってください。はじめに、手指を...

仮性包茎の治療については、誰にも知られることのないように治したいというのが、多くの人の本音でしょうか。そして、なかなか相談しにくい事柄だけに、正確な知識もないままに、通信販売で購入した矯正器具や矯正パンツを使ってしまうことや、包茎体操やさらには民間信仰のような怪しげなものに手をだしがちです。しかし、矯正器具やパンツを使った場合でも、数ヶ月の間、毎日使い続け、ようやく効果がでるかでないかであり、正し...